特殊加工印刷の新晃社 > 特殊加工・特殊印刷TOP > エンボス・デボス加工

エンボス・デボス加工

エンボス・デボス加工とは?

エンボス加工・デボス加工は、凹型や凸型の版を用いることで印刷物に凹凸をつけます。印刷物そのものに、浮き出して見えるような立体感を作り出す加工方法です。
エンボス加工とデボス加工はそれぞれ加工方法と仕上がりが異なり、表から見るとエンボス加工はデザインが浮き出して見え、デボス加工は凹んで見えます。
印刷物そのものの素材を活かし、どちらも普通の印刷では再現できない、自然な立体感と高級感を演出します。

■エンボス加工
エンボス加工は、別名“浮き出し加工”とも呼ばれており、印刷物表面のデザインが浮き出しとなる加工方法です。
エンボス加工では樹脂版や金属版で作られた、凹型と凸型両方の版を用います。凹型と凸型の版の間に印刷物を挟み強くプレスすると、表面は浮き出し、裏面は凹んだように加工されます。

■デボス加工
デボス加工は“空押し”とも呼ばれており、樹脂版や金属版で作られた凸型の版を印刷物へプレスし、凹ませる加工方法です。こちらは凸型の版のみを使用するため、裏面は平のまま表面だけにデザインが施されます。デザイン、用紙の厚みや硬さなどにより凹み具合も変わってきますが、デボス加工で十分な凹みを付けるためには厚紙が最適です。

エンボス・デボス加工の特長

さまざまな加工方法がある中で、エンボス・デボス加工は独特なオーラを放ち、高級感という言葉だけでは表現できない“特別感”を演出します。
現在では、名刺やギフトカードはもちろん、ご祝儀袋、結婚式の招待状や席次表などへ利用されることも。また、高級ブランドの紙袋にも多く見られます。このように、特別な物へ格調高い印象を付与させる加工方法、それがエンボス・デボス加工です。

また、エンボス加工は視覚障害を持つ方にも親しみある加工方法で、最も触読しやすいと評判です。そのため、点字板や触察本にも用いられています。

エンボス・デボス加工の活用

インキを使わずに凹凸だけで独特な存在感を放つエンボス・デボス加工。凹凸はないながらも、存在感のある多彩な箔を使用した箔押し。この2つの組み合わせにより、さらに印刷物のクオリティを上げることができます。
例えば、エンボス加工と箔押しを組み合わせた場合。箔が浮き出して見え、訴えかけるようなひときわ目を引く印刷物に仕上がります。
次に、デボス加工と箔押しの組み合わせた場合。箔ベタ押しした上からデボス加工により輪郭線をプレスすると、デザインに奥行が生まれ、シックで風格のある印象を与えます。

特殊加工・印刷一覧へ

お問い合わせContact Us

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
詳しくお打ち合わせご希望の方は営業担当が伺わせていただきます。

簡単お問い合わせフォーム

会社名
お名前必須
E-mail必須
お問い合わせ内容必須

個人情報の取扱いについて※

【個人情報の種類・利用目的】
・「お問い合わせ・お見積り」の際いただく個人情報について
氏名、会社名(部署名)、電話番号、FAX番号、E-mailアドレスなどの情報については、お見積り書の送付、ご質問等のご返信などに利用します。
また入力フォームでの、「お客様の個人情報の入力」につきましては、任意でございますが、必須事項のご入力が頂けない場合、お問い合わせ・お見積りにお応えすることはできませんのでご了承ください。
・クッキー(Cookie)の利用
利用者の利便性の向上を図るためを目的として、クッキー(Cookie)を利用しておりますが、弊社では個人情報を特定できるような情報を取得することはありません。
※クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。
これにより次回の同一内容の操作などの際、利便性が向上いたします。

個人情報保護方針、個人情報の取扱いに関するお問い合わせ、苦情・相談についてはこちらをご覧ください。


電話でのお問い合わせはこちらから

TEL:03-3800-2881

お電話での受付時間は8:30〜17:30(日祝除く)
FAX:03-3800-2171 / e-mail : support@shinkohsha.co.jp

  • お問い合わせ

    ご不明な点などお気軽にご相談ください。

  • お見積もり

    小ロットからでも承ります!

  • サンプル・資料請求

    実際に紙質を確認してみてください

製品事例

製品事例一覧へ

Copyrights © 2018 Shinkohsha All rights Reserved.