特殊加工印刷の新晃社 > 特殊加工・特殊印刷TOP > シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷とは?

シルク印刷はシルクスクリーン印刷とも呼ばれ、昔は版がシルク(絹)で作られていたことが由来となっています。
転写させるのではなく、印刷物にインキを落とし乗せていく印刷方法です。この名の通り、版にはシルクの絹目のような大小の穴が空いており、版を作成していく際、インキを通さない穴を乳剤で塞ぐことでデザインを描いていきます。デザイン部分のみ浸透するようになるので、その穴からインキをヘラで押し出すことで印刷物に印刷されます。  また、2色使用したい場合は版が2つ必要となるなど、色の数に応じて版を作成する必要があります。

インキを乗せる手法のため、紙や布はもちろんのこと、ガラス、金属、プラスチックなどへも印刷が可能です。また曲面への印刷も可能なため、オリジナルのコップなども作ることができます。

シルクスクリーン印刷の特長

 シルク印刷最大のメリットは、色鮮やかに印刷されることと、厚みを持たすことができる点です。  シルク印刷は、印刷物に直接色を乗せていくため、転写では調整が難しかった色味をそのまま再現することができます。例えば、ゴールドやシルバー、メタリック調の色味も確実に印刷できます。さらに、上から重ねても、下の色の影響を受けません。  インキを落とす際に量を調整することで厚盛もでき、立体感を演出することも可能です。  また太陽の光や風雨、温度変化に強く、耐候性があるため屋外で使用しても色あせの心配がない点もメリットのひとつです。さらに、印刷時に圧をかけることもないため、印刷物が反ることや変形の心配もありません。

シルクスクリーン印刷の活用

絵画や絵馬、看板、計測器、液晶ディスプレイなど多種多様な分野で活用されているのが、このシルク印刷です。
特に絵画ではシルクスクリーンが注目されており、この手法で描くことにより立体感や重厚な雰囲気を表現できます。
それに魅了される人は多く、コレクションをしている方も年々増加しています。

小ロットでの対応もしやすいのですが、版の制作が必要なため1枚あたりの単価が高くなってしまいます。反対に、大量の印刷では単価が抑えられますが、時間がかかってしまいます。しかし、オフセット印刷とシルク印刷のそれぞれのメリットを合わせることでネックになっていた部分を解決できます。

例えば写真の上から企業のロゴを入れる際、まずオフセット印刷で写真を印刷し、その上からシルク印刷でロゴを印刷するなど併用することも可能です。

特殊加工・印刷一覧へ

お問い合わせContact Us

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
詳しくお打ち合わせご希望の方は営業担当が伺わせていただきます。

簡単お問い合わせフォーム

会社名
お名前必須
E-mail必須
お問い合わせ内容必須

個人情報の取扱いについて※

【個人情報の種類・利用目的】
・「お問い合わせ・お見積り」の際いただく個人情報について
氏名、会社名(部署名)、電話番号、FAX番号、E-mailアドレスなどの情報については、お見積り書の送付、ご質問等のご返信などに利用します。
また入力フォームでの、「お客様の個人情報の入力」につきましては、任意でございますが、必須事項のご入力が頂けない場合、お問い合わせ・お見積りにお応えすることはできませんのでご了承ください。
・クッキー(Cookie)の利用
利用者の利便性の向上を図るためを目的として、クッキー(Cookie)を利用しておりますが、弊社では個人情報を特定できるような情報を取得することはありません。
※クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。
これにより次回の同一内容の操作などの際、利便性が向上いたします。

個人情報保護方針、個人情報の取扱いに関するお問い合わせ、苦情・相談についてはこちらをご覧ください。


電話でのお問い合わせはこちらから

TEL:03-3800-2881

お電話での受付時間は8:30〜17:30(日祝除く)
FAX:03-3800-2171 / e-mail : support@shinkohsha.co.jp

  • お問い合わせ

    ご不明な点などお気軽にご相談ください。

  • お見積もり

    小ロットからでも承ります!

  • サンプル・資料請求

    実際に紙質を確認してみてください

製品事例

製品事例一覧へ

Copyrights © 2018 Shinkohsha All rights Reserved.