お問い合わせ・資料請求
お見積もり

特殊加工印刷の新晃社 > 印刷会社ブログTOP > ブログ > 特殊加工・印刷 > 【凹ませて奥行き感を出す】デボス加工で気をつける3つのポイント

公開日:2020年02月10日

【凹ませて奥行き感を出す】デボス加工で気をつける3つのポイント

紙に凸凹を作って、立体的な表現をする加工をご存知でしょうか。指定の箇所を浮き上らして盛り上げる加工を「エンボス加工」と言います。一方で、凹ませるように押し下げる加工を「デボス加工」と言います。

加工の特長については、詳しくはこちらも是非ご覧ください

エンボス・デボス加工

今回は、「凹ませる」ことによってどのような表現ができるのでしょうか。今回はデボス加工についてご紹介させていただきます。

デボス加工でできること

デボス加工とは、凸型の版でプレスすることによって、紙を凹ませる加工です。通常の印刷とはみなさんご存知の通り、紙にインクを定着させて写真や文字を表現をする平面的なものですが、デボス加工では任意の箇所を凹ませることにより、奥行きを与えて立体的な印象を演出することができます。

単純にロゴマークを印刷した場合と比べると、明らかに立体感が出ていますね。また、触った感触もデボス加工ならではの凹凸感を楽しめます。

さらにこちらの画像では、一般印刷をほどこした赤い絵柄に、同じ場所をデボス加工で凹ませることによって、デザインが引き立つような演出をすることができています。このような組み合わせをすることによって、印刷の表現をさらに高めることが可能です。

デボス加工で気をつける3つのポイント

1つ目のポイントは、デボス加工とは「印刷」ではなく、凹ませる加工であり、加工した部分そのものに色がつかないことです。「じゃあ、見えないのでは?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。確かに遠目で見た場合には、色がないために文字や絵柄を読み取る事はできないかもしれませんが、手にとってご覧になられた時には、高級感や奥行き感を感じていただける自信があります。

また、デザインをする上で、全ての要素が主張してしまうと、ごちゃごちゃした印象になりがちです。目立たせたい、あるいはスマートに見せたい部分にあえてデボス加工を使うと、デザインにメリハリがついて格段にレベルアップした印刷物になりますので、ぜひご参考にしてみてください。

さらに先ほどの事例のように、印刷した面にデボス加工を施すことや、または箔押しなどと組み合わせることによって、格段に目立たせる・見やすくする事も可能ですので、遠目から見た場合でもくっきりはっきりと存在感を出す事も可能です。

2つ目のポイントは、データの作り方です。上述したように、一般印刷とは異なりプレスする加工であるため、印刷データを作る時には加工用のレイヤーで作られていることが必要です。文字や画像が小さすぎたり細かすぎる場合などは、デボス加工に不向きな場合もありますし、逆に面積が広すぎると費用が高くつくこともありますので、事前に印刷会社に確認しておくことをオススメいたします。
また、裏面にも凹凸が反映されるので、裏面で文字がデボス加工部分にかかってしまうと読みづらくなってしますので裏面のデザインをする際は、デボス加工の位置も意識してください。

3つ目のポイントは、納期です。特殊加工全般に言えることですが、基本的には一般印刷を行なった後に加工を加えるため、通常よりも多めの納期が必要になります。デボス加工も、紙にプレスする工期が必要になるため、あらかじめ余裕を持ったスケジュールを組んでおくことをオススメいたします。

デボス加工の活用方法

デボス加工をうまく使うことによって、さりげなく、しかしながらデザインセンス抜群な印刷物を作ることができます。新晃社のブログ記事を読んでくださった皆様にだけ、デボス加工の大事な活用方法をお伝えしますね。

大事な決め手とは「ワンポイント」です。

凸凹のある印刷物は確かにインパクトがありますが、あまり使いすぎると少しくどい印象になってしまいます。あえて多用する事で凸凹感を強調したいデザインでないのであれば、ワンポイントだけに使用することを心がけてみてください。平面の中に一部分だけ凹んだ奥行き感を出すことで、スマートに印象を際立たせることができます。また、デボス加工では加工面積が広いとコストが高くなる点もありますので、さりげないオシャレ感を出しながらコストをかけすぎないためにも、ワンポイントでの演出を心がけてみてください。

デボス加工の制作事例をご紹介いたします

・名刺
・招待状
・ポストカード
・パンフレット
・ポケットファイル
・書籍などの表紙

他にも様々な使い方がありますが、ポイントとしては「厚めの紙」であることです。デボス加工は紙に強めのプレスをしますので、薄手のチラシなどには不向きですのでご注意ください。

新晃社は一般印刷と特殊印刷・加工が得意な東京の印刷会社です。あらゆる印刷物の相談にお応えしておりますので、デボス加工のデータの作り方や、費用のご相談など、気になることがありましたらいつでもお気軽にお問い合わせください。

新晃社お問い合わせフォーム

関連コンテンツ

東京で印刷会社をお探しなら新晃社にお任せください

大部数印刷のオフセット印刷から少部数のオンデマンド印刷までお任せください。一般印刷物だけでなく特殊印刷も幅広くご提案させていただきます。

お問い合わせContact Us

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
詳しくお打ち合わせご希望の方は営業担当が伺わせていただきます。

簡単お問い合わせフォーム

会社名
お名前必須
E-mail必須
お問い合わせ内容必須

個人情報の取扱いについて※

【個人情報の種類・利用目的】
・「お問い合わせ・お見積り」の際いただく個人情報について
氏名、会社名(部署名)、電話番号、FAX番号、E-mailアドレスなどの情報については、お見積り書の送付、ご質問等のご返信などに利用します。
また入力フォームでの、「お客様の個人情報の入力」につきましては、任意でございますが、必須事項のご入力が頂けない場合、お問い合わせ・お見積りにお応えすることはできませんのでご了承ください。
・クッキー(Cookie)の利用
利用者の利便性の向上を図るためを目的として、クッキー(Cookie)を利用しておりますが、弊社では個人情報を特定できるような情報を取得することはありません。
※クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。
これにより次回の同一内容の操作などの際、利便性が向上いたします。

お客様へのスムーズなご対応をさせていただくため、本フォームからのセールス・勧誘等は固くお断りいたします。 弊社にご提案をいただくご担当者様は必ずご提案フォームからご送信ください

個人情報保護方針、個人情報の取扱いに関するお問い合わせ、
苦情・相談についてはこちらをご覧ください。

電話でのお問い合わせはこちらから

TEL:03-3800-2881

お電話での受付時間は8:30〜17:30(日祝除く)
FAX:03-3800-2171 / e-mail : support@shinkohsha.co.jp

  • お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点などお気軽にご相談ください。

  • お見積もり

    小ロットからでも承ります!

Copyrights © 2018 Shinkohsha All rights Reserved.